• 歩行者の事故

    どのようにEDAGがそれを防ぐのに役立つか

  • 4-in-1 トラック

    EDAGと大学の共同研究が商用車産業の将来を形作るのにどのように役立つか

  • アイデアの実践-全世界的に

    共同テーマに対するグローバルな熱意

  • 歩行者保護について

    歩行者保護基準が法的規定を超えるとき

車両機能

車の機能は顧客が車を購入する際に重要視する要件の一つです。快適性と安全機能が関係している場合、自動車メーカーは、車両機能を改善するだけでなく、顧客に対して直接体験できるようにする必要があります。現時点で予想される機能の複雑さと要求性能や要件との相違を考えると簡単な答えはありません。ですが、これは弊社にとっては当たり前の仕事です。車両機能の開発では車両の総合的なテストを行う事が当社の責任です。総合的なテストには、アクティブ&パッシブセーフティー、縦方向および横方向の動力、操縦安定性、NVH、空力特性と音響、及びHVACの熱と冷却管理が含まれます。一つ目の目的は、御社の顧客が購入する車両の車両機能を向上させることです。

機能開発プロセスのもう一つの要素は、拘束システムとヒーティングおよび空調コンポーネントの統合を保証することです。幾何学的な統合からシステムサプライヤの管理、そして最終的には承認のサポートを行います。

車両安全性

「インテグラル・セーフティ」は、能動的および受動的な安全要件の相互作用と認証を含む安全要件の準拠です。弊社の車両安全部門のエキスパートはコンセプト段階から関わります。 このコンセプト段階で車両の構造および内装部品に加えられた変更の大部分が、衝突の際の自動車の変形特性に影響を与えるため、大きな利点があります。歩行者保護及びその他の安全性の目的達成の為にフロントエンド及び外装部品のコンセプトを決定します。

更に詳しく

例えば、遠隔制御やブレーキアシストなどのアクティブセーフティーシステムからのセンサデータを使用して、受動安全のためにシステムを事前調整したり、早期に作動させることも可能です。

付加価値:お客様の安全性が向上し、円滑で簡単な承認と承認プロセスが実現します。

 元に戻す

冷却 / 空調

19世紀初頭、最初の空調システムが登場して以来、多くのことが起こっています。もともとは新鮮な空気を提供する単純な手段であり、これらのシステムは合理的な自動気候制御に発展し、車両を快適に使用する為に大きな影響を与えています。しかし、快適性だけでなく、空調は他の機能も果たします。たとえば、車内の快適な雰囲気がドライバーの集中力を向上させるのに役立ちます。 エアコンシステムは、自動車が安全に運転されるために曇りを防ぎ、凍った霜を解凍させます。

詳細については、弊社のWebサイトをご覧ください。


コンポーネントの開発と統合


コンセプトフェーズから生産開始まで、モジュールレベルでコンポーネントの構成、シートベルト、エアバッグ、ステアリングホイール、ロールオーバー保護システムの機能、コスト、期限を最適化します。 そして、それらを車両に統合します。 シートベルト固定、リレー機構、またはカーテンエアバッグ等:私たちは複雑な部品を統合するための専門家です。


音響、振動、走行快適性

音響と快適さは、現代の自動車の運転において決定的な役割を果たします。 できるだけノイズがなく、最大限の振動と快適な走りを提供するだけで、顧客に良い印象を与えます。

更に詳しく

私たちは、快適な運転が体感出来る事を重視し、現代の自動車の音響および振動関連の品質向上に取り組んでいます。私たちの目標は、車の特性と全体的なコンセプトに沿って、意識的に車両の音をデザインすることです。

お客様のニーズを満たすために、以下のソリューションとサービスを提供しています:

  • 車両、NVH、音響の属性
  • 軽量構造、カブリオレ開発、パワートレインNVH、サウンドエンジニアリング、シャシーNVHとシャシー快適性の調整、空力音響、断熱/減衰、室内音響、座席の快適性と低級音の防止など、振動と運転の快適性に不可欠なサブ属性 。
  • 製品定義、ブランドエンジニアリング、コンセプト開発、仮想機能設計、エンジニアリング、テスト、承認などのプロセスチェーン
 元に戻す

エアロダイナミクス

空気力学のポイントは、できるだけ少ない空気抵抗で車両が風に逆らって走行できるようにすることです。 燃料消費を削減する効果的な方法の一つが空力最適化で、非常に重要です。ここでは専門家の知識が必要とされます。車両のハンドリングに影響を与えるだけでなく、歩行者保護などの影響を分析することが重要です。

更に詳しく

問題解決のサプライヤとして、私たちは空気力学的な影響を受けないように個別に車両を調整する空力学部門を持っています。

さらに、ソフトトップとRHTルーフシステム、エンジンコンパートメントの気流、温度管理、車体のダイナミクス、ブレーキの冷却、および車両の汚れを改善する方法を備えたキャブリオレの空力音響分野において、特別な知識と能力を開発しました。

 元に戻す