• 歩行者の事故

    どのようにEDAGがそれを防ぐのに役立つか

  • 4-in-1 トラック

    EDAGと大学の共同研究が商用車産業の将来を形作るのにどのように役立つか

  • アイデアの実践-全世界的に

    共同テーマに対するグローバルな熱意

  • 歩行者保護について

    歩行者保護基準が法的規定を超えるとき

電気 / 電子

ドライバー支援、利便性、情報システムなど、機能と機能の相互関係の要求は常に増え続けています。将来の車両開発は、エレクトロニクスとソフトウェアによって推進される最先端の技術によって支配されるだけではありません。開発と検証において、すべての機能との新しい協調モデルによって構築されます。弊社は自動車開発全体の中でドイツで最も強力な独立系エキスパートであることから、この相互接続機能は車両を超えても、イノベーションの最も重要な推進要因の1つであることがわかっています。

ドイツやその他の海外支店の12拠点で1,500人以上のエンジニアと技術者を抱える品質リーダーとして、E / E製品エンジニアリングの能力と柔軟性を持っています。それだけではなく、製品の革新で競争力を確保または維持することを確実にしています。

お客様の先駆的な開発パートナーとして、コンポーネント開発、システム開発、車両または派生品全体の開発に責任を負います。

電気 / 車両電気システム


車両電気システム開発は、車両内の実行系統の構築、保護方法、および制御ユニットの接続方法を定義します。これは、構築ルートと構成部品が車両全体に広がり、様々な車両モデルで異なる構成をとるため、パッケージと全体的な車両の包括的な知識と経験が求められます。車両の電気システム開発における私たちの経験から、これらの要件だけでなく、 主に、特定の顧客向けに不可欠な開発ツールへのリンクを通じ、自動車メーカーと自動車電気システムサプライヤとの深い相互接続性を引き出すこともできます。

詳細については、弊社のWebサイトをご覧ください。


利便性とボディーエレクトロニクス


電子システムの範囲は、現世代の車から次の世代へと飛躍的に飛躍します。 それは、内外の照明、ドア、屋根とボンネット制御、集中制御装置などの基本的な車両機能だけでなく、エアコンや座席システムなどの便利な機能にも影響します.。

詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。


運転者支援と安全システム


運転支援と安全システムは走行中の安全性と利便性を向上させ、積極的な駐車支援、(部分的に)自動運転の革新的なメガトレンドまでの積極的なスペース規制など、幅広い運転機能をサポートします。 エアバッグ、歩行者保護、保持システムなどのパッシブセーフティシステムは、事故の結果が最小限に抑えられるようにします。

詳細については、弊社のWebサイトをご覧ください。


インフォテインメントと接続性


インフォテイメントシステムとは車両またはその環境の状態を運転者に知らせるシステムです。その他、あらゆるメディアに接続する事で乗員を楽しませる事もできます。 コネクティビティは車両と環境を相互接続し、モバイル端末とサービスをシームレスに統合します。 これは、自動車開発における最大かつ最も革新的な成長市場の1つです。車両の周辺機能およびサービスとの相互接続は、要求の複雑さを絶えず増大させています。 ここでは、車両の内部と外部のコンポーネントやシステムの開発、統合、検証に焦点を当てています

詳細については、弊社のWebサイトをご覧ください。


車両全体の電気 / 電子

高次元での車種の差別化、個性化、配向関数ーこれは開発中において1つの事を要求するキーワードです。ドメイン間での機能の複雑さを維持する為には洗練された電気/電子の構造が必要です。

更に詳しく

弊社は総合的な車両開発のエキスパートとして、国内外のプロジェクト経験から、車体や内装と顧客の開発プロセスやツールにどのように取り組みどのようにして課題を解決できるかを知っています。

お客様のニーズを満たすために、次のソリューションとサービスを提供しています:

  • エレクトロニクス/エレクトロニクス戦略フェーズから開発フェーズ、統合と検証、量産設計支援までの全体的な車両開発
  • 電気/電子アーキテクチャ:ベンチマーク、戦略、要件の定義、機能と相互接続の割り当て
  • コンポーネントとシステムを含むEEアーキテクチャの指定
  • すべてのEEスコープのサプライヤガイダンスと、開発プロセス全体での機能、コスト、タイミング、品質および重量の監視
  • 静的および動的実験室および試作車両におけるすべてのE / Eシステムの相互作用のテストおよび検証
  • テクノロジーキャリアを含むショーおよび特別車両のすべてのEEスコープの開発、構築、統合および起動
 元に戻す