• 歩行者の事故

    どのようにEDAGがそれを防ぐのに役立つか

  • 4-in-1 トラック

    EDAGと大学の共同研究が商用車産業の将来を形作るのにどのように役立つか

  • アイデアの実践-全世界的に

    共同テーマに対するグローバルな熱意

  • 歩行者保護について

    歩行者保護基準が法的規定を超えるとき

商用車

商用車のトレンド - 常に1つ前のステップ

大型商用車は受注生産です。今日の商用車産業は複雑である為、個々のコンポーネントの開発に集中することはもはや十分ではありません。弊社は全世界で商用車の専門エンジニア300名を擁し、フルレンジのサプライヤーが期待するサポートを提供することができます。自律運転、運転支援システム、軽量化、電動化のメガトレンドから従来のキャブ開発における複雑な問題に至るまで我々は常に正しい、効率的なソリューションを提案することができます。

私たちは、継続的な改善に重点を置いています。それは道路上の重量にも当てはまります。たとえば、軽量化設計の専門知識は、商用車の開発で主に使用されます。なぜなら、これらの車両に適用されてない場合は、1キロごとに積載容量が増えるからです。しかし、商用車のさまざまなデザインや用途が広範囲であるため、そしてすべての車両が実質的にユニークであるため、重量だけが課題ではありません。この様々なオプションを処理する最良の方法は何ですか?生産の柔軟性、コスト最適化、および同時に軽量化を確実にする方法はありますか?

ハノーバーのIAAでは、我々の技術的な先見性を示し、大型キャストノードとロールプロファイルを持つ縦横の部材からなるブリッジ技術を特徴とするモジュラフロントエンドを発表しました。 当社のプレゼンテーションのもう一つのハイライトは、シングルステップの接合および塗装プロセスを使用して、商用車のキャブ用の重量とコストを最適化したマルチ材料システムです。

これらの困難な問題に対するもう1つの解決策はトポロジカルに設計された複雑なジオメトリを、制限なし、ツールなし、および1つの幅広いモデルで一連のデータセットから製造することを可能にする3Dプリンタの可能性にあります。これにより、すべての運転要件に合わせて、カスタマイズされたトラックを技術的に経済的に製造することができます。 「自由度の高い複雑さ」と「需要の変化」は、急速に進歩する積層造形技術の魅力的なメリットです。 

HGVキャブとそれに伴うシャシーの追加製造デモンストレータを使用して、この傾向が将来どのように実現されるかの例を作り出しました。 囲まれたケージ構造は路面の方向に利用可能な空間をよりよく利用するだけでなく、そのトポロジカルな設計はまた、軽量化の観点から先行く事を意味します。

積層造形と並行して、自律走行は乗用車の開発に限られていない別の問題です。 EDAGは、商用車業界で「自己運転商用車」がメガトレンドになることを期待しており、いくつかの商用車がさまざまな操縦を実行できるようにするセキュリティ精度の高いソフトウェアを開発中である。

EDAGライトキャブは弊社のビジョンから離れて手頃な価格の軽量化設計ソリューションを持っているという事を証明しています。可変プロファイル使用されるのでキャブは拡張可能で、16~40トンの重量の車両に使用できます。ライトキャブでは、構造物の特性を保持しながら、余分な費用をかけることなく、従来の車体よりも最大24%軽量化したキャブを開発しました。

また、カイザースラウテルン工科大学と協力して、今回は都市交通の流れに沿って、さらなる思考を刺激するインパルスを提供しています。4-in-1トラックは、市内のアクセス制限を避けるためのコストと時間を節約する手段を提供するように設計された画期的なコンセプトです。 私たちのマルチタレントの詳細は、弊社の「"4-in-1 Truck"」の記事に掲載されています。

特殊車両は、公共交通機関、建設車両、緊急車両のいずれであるかにかかわらず、特別なノウハウが求められます。 商用車開発をより軽量でより柔軟なものにするという目的をお持ちであれば、ぜひ弊社にご連絡下さい.