• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

変革をもたらすもの

EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

発明の長期的な重要性を評価することは常に困難でした。 ニコラウス・アウグスト・オットーが1862年に4ストローク・エンジンを発明したとき、多くの人々が、これが世界を変えようとしていることに気付きませんでした。 この閃きが自動車の勝利に決定的な要因であったかどうかはまだ分かりません。それにもかかわらず、それは重要でした。歴史は、パラダイムシフトをもたらすのは必ずしも1つの巨大なアイデアではなく、一連の小さくて非常に正確なアイデアであることを、繰り返し示しています。

小さく、正確な開発のアイデアは、EDAGの専門分野の1つです。エンジニアリングサービスプロバイダーの歴史を見てみると、今に至るまで、技術的および社会的コンセンサスを得ているアイデアを目にすることができます。これらには、カーシェアリングや持続可能な自動車コンセプト、軽量化技術、または車のITを使用して電気自動車に透明性の高い付加価値を与えるというコンセプトが含まれます。今日人々が話している多くのテーマに、過去に最初に注目したのはEDAGでした。 

製造を変える

しかし、完成車両の開発者として、ヴィースバーデンのグループはこれらの考えをさらに進化させました。2014年にEDAGはGenesis コンセプトを開発しました。Genesisは、3D印刷の技術進化を信頼して、それを良い目的で使用すれば、自動車が違った、より良い、そしてとりわけより効率的に生産できるという事実を証明しています。研究者や専門家との交流の場で、ヴィースバーデンのグループは、20年後に自動車工学のパラダイムシフトを見ることができることを示しています。あらゆるタイプの車体や構造物が"プリンタ"によって作られる可能性があるからです。 経済的に非効率的な製造ツール、経済的に制約の厳しい開発・設計要件やリソースを消費する材料輸送に関して、これらは今後数十年間に変わる可能性があります。

そして、150年以上前のエンジンの開発と同様に、Genesisは1つの節目であり、正しい方向へのその小さなステップは、すぐ次につづくものでした。 2015年に、 技術者たちは、もはや夢ではない開発方法で何が達成できるかを示しました。オリジナルモデル "Genesis"とは対照的に、EDAG Light Cocoonという最新のアイデアは、20年ほどではなく次の10年以内に起こりうる、技術的進歩の青写真と見ることができます。

自然をモデルにして

出発点は、Genesisで見出したものを今日の自動車工学にどのように役立てることができるかという疑問でした。特に、EDAGの主要な開発の焦点のひとつである軽量構造において。

自然に触発された基本的なデザインの構造が、よりシンプルに、安定しており、より軽量であることを認識したことが、EDAG Light Cocoonの外表面のデザインに新しいアプローチをもたらしました。

このことを念頭に置いて、エンジニアは試行錯誤し、構造的な役割を持った車の外表面を採用しました。エンジニアは葉やコウモリの羽に触発され、両者を組み合わせることによって、車の外表面は閉じているべきだという理由は無いということを示しました。閉じた外表面の代わりに、材料を機能、安全性、剛性に必要な部分にのみ使用するというアプローチをとりましたた。これは、典型的な車両の外板を構成する板金表面の概念が打ち破られたことを意味しています

その結果、”EDAG Light Cocoon”は、自然界に見られるような同じ種類の安定した、枝状の耐荷重構造を示しています。より少ない材料で、構造的に関連するコンポーネントに課されるすべての要件が満たされています。

積層造形法による、ツールを使用しない生産ソリューションのおかげで、標準的な製造プロセスを使用して製造することが不可能なほど複雑なバイオニックデザインを作成することが可能です。

Light Cocoonを使用することで、EDAGはバイオニックデザインが既に構造部品に適用可能であることを示すことができました。そしてこの設計プロセスの付加価値が、自動車開発へ採用されることを正当化するに十分であることを示すことができました。

未来を作る素材

EDAG Light Cocoonの骨格はクモの巣に似ています。それが故に問題もあります。この安定した構造がどれほど軽くて丈夫であっても、天候に左右されるという簡単な理由から、屋外使用には適していません。それで、問題は、車の洗練された構造を維持しつつ、いかにインテリアを守るかでした。確かに、車を布で覆うという考え方では、光を遮ってしまう可能性がりますが、EDAG Light Cocoonの場合は、耐久性のある耐候性素材を使うことによって、3D印刷された構造のための専用カバーを使用しています。その素材は、アウトドア衣類の専門ブランドJack Wolfskinと協力して開発されました。

専用カバーの重さは、1平方メートルあたり19グラムです。比較の為に、標準的な紙の重さは80グラムです。重量軽減以外には、ダメージがある場合に塗料が必要なく、高価な修理も発生しないという利点があります。また、デザインや個性化に対して、大変自由度があります。

個性をデザインする光

さらに、このショーカーの構造を内側から照らすためにLEDが使用されてます。 単に見せるだでなく、骨格が見えるようにしています。 これにより、車両の外板、したがってその外観全体を個性化することが可能になります。 今日個性化はアクセサリーの選択に限定されていましたが、Cocoonもこの考え方をさらに進めています。 ドライバーの好みに合わせて外板の色を自由に変更できます。 お客様自身がデザイナーになり、Cocoonを彼のキャンバスとして使用することができます。 この設定は、お客様が期待している通り、個人のアカウントで管理されるもので、車には保存されません。

技術変化の可能性

今後数年間で我々の布で覆われた車の可能性はほとんどありません。 しかし、一つのことはすでに明らかになっています。すなわち、さまざまな構造を提供する車両部品は、EDAG Light Cocoonの発見に基づくだろうということです。 なぜか? EDAGは、バイオニックデザインと積層造形により、経済上また環境上、効率的に自動車を生産することが可能であり、その結果、大幅な重量削減が達成され、そしてアイデアがスタンダードになるのは時間の問題であることを明確に示しているからです。 そのスタンダードは、1862年のオットーサイクルエンジンのようには、現在の自動車に直接影響を与えないかもしれません。 しかしそれにもかかわらず、技術革新を起こし、世界をより良く変える可能性があります。


(10.3 MB / 00:58 min)