• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

3Dプリント技術

どのように "EDAG Genesis"が自動車産業の伝統を覆すか

"3Dプリント"は話題のひとつです。 1000ユーロの消費者向けプリンタが市場に流入して以来、積層造形技術の新しい可能性の広がりは明らかです。積層造形法はすでに航空宇宙産業および医療技術で使用されています。 しかしこれまでのところ、自動車業界では、試作品への使用がほとんどです。

技術は次のステップの準備ができています

しかし、この技術の未来はどうでしょう?積層造形法は、自動車業界では迅速なプロトタイピングだけでしょうか?それ以上のことはできるでしょうか?EDAGは、これらのプロセスが次のステップの準備が整っていると予想しています。古典的な製造プロセスと構造設計手法に革命をもたらし、拡大するステップです。これは、このプロセスを使用することで非常に複雑かつ効率的な構造を実現できる、技術開発における最新の進歩によって可能になります。

EDAG開発者は、2014年のジュネーブショーでの展示会において、"EDAG Genesis"を使用して、自動車開発および生産における次の産業革命の可能性を秘めた展望を示しました。私たちの展示品"EDAG GENESIS"は、開発と生産におけるデザイナーやエンジニアにとって積層造形プロセスがもたらす新しい自由と挑戦のシンボルと見ることができます。積層造形法により、人間が学ぶことができる、最適化された構造に機能的かつ進化的に開発された自然の構成原理と戦略に大いに近づくことができます。

そしてプロセス全体はツールフリーで、省資源で環境に優しいものです。 

自然を妥協することなくモデルとして実用化する

"EDAG GENESIS" は、保護と緩衝を目的とし骨格の一部であるカメの甲羅をコンセプトの基本としています。甲羅は、強度と安定性を与える細かい内在する骨構造を有するサンドイッチ構造を持っています。このコンセプトは展示品に反映されています。 "EDAG GENESIS"では、骨格はメタファーにとどまりません。この場合、それは筋骨格系の一部を形成するのではなく、代わりに乗客の安全を提供しています。この骨組みを見ると、自然に発達した骨格フレームが思い浮かびます。この骨格フレームの形態と構造は、従来のツールを使用して作成することはできません。カメは何百年もかけて甲羅を進化させてきましたが、人類は、たとえば乗客の安全システムを完璧にするためには、理論的にはまだパラダイム転換の始まりに居るにすぎません。生産に起因する制限を伴う従来の設計ルールは、積層造形法ではあまり重要な役割を果たさず、試行錯誤の末できあがった自然の構築方法は、本格的な連続生産の状況においても適用できます。それは過去には想像もつかなかったことです。

車両開発には基本的な再検討が必要かもしれない

車両開発の現状に及ぼす影響は大きい。積層造形プロセスによって提供される高い自由度は、理想的な肉厚(過剰肉厚が回避できる)と優れた材料特性を確保しつつ耐荷重値が明確で、衝突に対して最適化された、バイオニックで多機能な部品の設計を可能にします。私たちの社会に決定的に役立つ利点は、CO2排出量を削減する将来の車体です。無数の利点のうち別の利点を挙げると、積層造形プロセスは、輸送の観点からも、大きな変化をもたらします。将来の分散型生産構造は例えば、製品開発の高い柔軟性と効率性を可能にします。たとえば、コンポーネントやスペアパーツは、要求に応じて、または修理のために必要な場合にのみ印刷または作られることを想像してみてください。.

積層造形プロセスの工業的使用はまだ初期段階ですが、革命的な利点は、この技術が将来的には大きなテーマになることを意味しています。"EDAG Genesis"が証明するように、このプロセスを、コンポーネントを作成し、次の段階ではモジュールとアセンブリで使用することが可能になると想定することは、すでに現実的になっています。

中国の諺によると、すべての旅は一歩から始まります。