• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

アイデアの実践-全世界的に

共同テーマに対するグローバルな熱意

グローバリゼーションにより世界が経済と文化の境界を越えて互いに近づきます。 これは必ずしもインターネットの急速な進化だけによるものではなく、車にもよります。優れた自動車ブランドの評判が世界中で適用されるためです。 アジア、アメリカ、ヨーロッパでも、どこにいても人は新しい車に同じような熱意を感じたいと思っています。 自動車への熱意は、私たちが共有しているものです。私たちがどこに住んでいても、私たちは熱意により繋がっています。

テクノロジーに熱意を持ち、それをグローバルな感覚に変えることは、エンジニアリングサービスプロバイダーにとって大きなチャレンジです。なぜなら、たとえ新車が世界中で立ち上がったとしても、それはどこでも同じではないからです。同じように見えるかもしれませんが、車がグローバルモデル であっても、その車が普及するには文化的な特質、地域性を考慮しなければなりません。言い換えれば、車がどこの国でも良い評価を得ているならば、全ての評価がまったく同じ内容にはならないはずだ、ということです。特定の国ごとに車を仕立てる必要があるのです。そして、より快適になるような詳細-最終的にはドライバーが感じる快適さは、アジアとアメリカでは正反対です。特定の地域でこの目的を達成するために必要な手段は、優れた技術者なら知っていなければなりません。

ゼネラル・モーターズのシボレー・クルーズを見れば、グローバルな製品立ち上げの中で、地域差の予測と考慮がどれほど複雑で挑戦的なのかが分かります。車両プラットフォームは現在、合計8台の車両をカバーしています。 メインボディは4種類 あり、ホイールベースは2種類あります。提供されている車体バリエーションはノッチバック、2つのハッチバック(3ドアと5ドアモデル)、1つのワゴン、もちろん全てに右ハンドル、左ハンドルがあります。

4拠点で製造

文化的に異なった、欧州、中国、ロシア、米国の4つの場所で、コンパクト車の後継世代を製造しなければなりませんでした。EDAGのエンジニアは、すべての車両の内装全体を開発するよう依頼されました。インストルメントパネル、センターコンソール、ドアトリム、ヘッドライナー、ピラートリム、荷室コンパートメントトリム、インシュレーター、カーペットなどの部品やコンポーネントの設計、開発です。プロジェクトのピーク時には、EDAG開発チームの最大50人のメンバーがプロジェクトに参加しました。

ワールドワイドな開発を扱うことは、関連する市場のそれぞれの特質が事前に考慮される必要があるため、このプロジェクトは挑戦的な取り組みでした。そしてクルーズには、文字通り多くのそのような特質がありました。

Fuldaからの業務では、さまざまな車両コンポーネントのサプライヤーのグローバルネットワークを開発の非常に早い段階でコーディネートし、最初から各バリエーションについて適切な決定が下されるようにしました。多くの詳細についてはスペシャリストや様々な市場の専門家が協力して作業する必要がありました。たとえば、中国のインストルメントパネルは米国のインストルメントパネルとは異なります。アメリカのドライバーは自動駐車ブレーキを好みますが、アジアでは手動のハンドブレーキが好まれます。これにより、インテリア、特にセンターコンソールをこれらの要件に完全に合わせる必要がありました。

世界的な要件

しかし、この種のプロジェクトのエンジニアリングの詳細の程度は、技術的な詳細だけでなく、現地の法律も考慮する必要があります。たとえば、米国では、シートベルトの装着を強制する法律はありません。したがって、車両には、異なる種類の衝撃保護装置がなければなりません。

EDAGのワールドワイドな拠点のノウハウを引き出すことが、さまざまなサプライヤーと手を携えながら、数え切れないほど異なる要件を満たす唯一の方法でした。実際、Fulda支社がオリンピック村ほど類似していない物の様な開発期間がありました。オリンピックの試合と同じように、ここでのアイデアは、国籍にかかわらず共同作業に取り組むことで最高の結果を達成しました。

このグローバルな協力の成功は、新しいシボレークルーズで見られ、感じることができます。世界中どこででも。