• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

歩行者保護について

歩行者保護基準が法的規定を超えるとき

スポーティなデザインはトレンディです! 若々しい、ダイナミック、表現力が豊か - それらは、プレミアムメーカーの現代的な自動車でよく見られる価値です。彼らは、どの車両にでも見られるデザインを形作る:つまりフラットなデザインと低いフロントデザイン。より詳細に見ると、最初は非常にポジティブに聞こえることは、すべての面で有利であるというわけではないということがわかります。

平らなボンネットほど魅力的であるかもしれませんが、衝突の際に歩行者にとって致命的となることがあります。フラットなデザインのため、歩行者は衝突の際にボンネットの上に投げ出されます。誰もそれを体験したくはありません。

デザインと安全性の対立

開発のエキスパートでなくとも、デザイナーと安全性の専門家の間でターゲットの対立が発生することはわかります。一方は平らで流線型の外観を要求し、他方は道路利用者の安全性を確保しようとします。「デザイナー、パッケージの責任者、運転安定性と車両安全性に関する専門家がすべて1つのテーブルに座っている、エキサイティングなプロジェクトを覚えている。すべての当事者にとって最高のものが現実的であることを示すためには教育的示唆に富んだ作業が必要だった」と、EDAGで車両安全性 と歩行者保護の専門化でプロジェクトマネージャーであるMaren Finck は振り返ります。

EDAGはこの対立に取り組むことを決定し、賢い解決策で大手自動車ブランドと協業しています。その背後にあるアイデアは、火薬充填式装置を使って、ボンネットを数センチメートルポップアップることです。わずか数センチメートルですが、ポップアップすることでボンネットとエンジンブロック間に空間を生み出し、衝撃がボ ンネットのひずみにより吸収されるため、大きな違いがあります。

特に歩行者のために車両の外側に取り付けられた追加のエアバッグは、更なる衝撃吸収サポートを提供します。デザイナーにとって、このコンセプトは、フラットデザインを初めから維持できるため、デザインに対する制約を受け入れる必要がほとんどりません。

アクティブボンネット

アクティブボンネットのコンセプトは、自動車業界の絶対的な革新技術のようには見えないかもしれません。しかし、様々なセンサーを装備したバンパーは間違いなく革新技術です。これにより、圧力センサおよび加速度センサの助けを借りて衝突 時に衝突パターンが生成されます。ガードレール、ビンまたは気付かないパーキングメーターとの衝突は、歩行者とは全く異なる特徴があります。さまざまなパターンを使用して、ボンネットをポップアップする必要があるかどうかをミリ秒以内に決定します。これにより誤作動を大幅に防ぎます。

衝突の際の安全対策は、法律でも規定されています。 EDAGは、必要なものだけを開発するだけでは満足できません。歩行者保護は実験室では行われませんが、道路でできることを示す必要があります。したがって、EDAGにはもう一つの目的があります。「私たちの目標は、明確な良心を持って、道路利用者のための最善の保護策を開発することです」とエキスパートのMaren Finckは述べています。

原則は重要です

専門家は、将来のいわゆるアクティブセイフティにもっと関与していると考えています。これらアクティブセイフティの措置は、ある程度予測できるため、実際の衝突イベントの前に機能する。車両がフルブレーキを自動的に適用して(アクティブセイフティからの措置でもある)も衝突を回避することができない場合、例えば、アクティブボンネットはより早く作動することができる。より早く作動することでボンネットをさらに上に跳ね上げるか、エアバッグを有効にすることができます。

歩行者保護の未来が如何にあれ、EDAGの専門家は自らの仕事の原則 に従います。目標は、車両、ドライバー、周りのすべての人に最適なものを達成することです。 したがって、技術的にも一歩進んでいます。