• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

認定を受けた試験センター

EDAG独自の認定試験センター

コックピットにこすりつけた日焼け止めクリーム? さまざまな気候ゾーンと気象条件? 車の部品へのキック、インパクト、カットまたは単にサービス期間を超えた摩耗や引き裂けですか?

その意図がそれほど深刻でない場合は、EDAGの"認定試験センター"、略して"ATCフルダ"を、デモリションダービー用の2500平方メートルのプレイグラウンドと呼ぶこともできるでしょう。しかし、エンジニアが車を持ち込む場合、それは必ずしもゲームドライブとは関係ありません。それどころか、コンポーネントと材料は、ATCフルダにて、生産開始準備が整っているかどうかをテストされます。これには、現実的で日常的な状況に対応するテストが含まれています。私たちは誰しも、時には少々不器用になることがあるものです。現代の車は、風や天候、荒れた路面での摩耗などと同様に、清涼飲料水や化粧品のような小さな予期せぬ事故にも耐えることができる必要があります。

自動車業界におけるストレス状況のテストソリューション

ATCフルダでは、車両の部品に常に正確にこれらのタイプのストレスを加えることができます。これらは、 "ATCフルダ"のユニークで広範なテスト設定で提供され、間違いなく他では見ることのできないものです。気候試験室、機械的、電気的または化学的試験、そして、いわゆるシェーカーから曲げおよび引張試験を記録する高速カメラに至るまで、自動車業界のあらゆるストレス状況に適したテストソリューションが"ATCフルダ"にあります。

材料の性能を明らかにするテスト

例えば自動車メーカーやサプライヤーは、材料の組み合わせの性能レベルを再現する材料カードを作成することができます。これにより材料は曲げられ、圧縮され、回転され、または引っ張られる。 1秒間に100,000画像以上の速度を持つ特殊なカメラを使用すると、材料が実際に何ができるのかをすばやく見ることができます。CAEによるビジュアルシミュレーションもこれらのテストによって妥当性が検証できます。

シベリアの寒さや砂漠の暑さ:テストは多くの創造性を必要とします

電気的試験は "ATCフルダ"のサービスの別の例です。電流は導体を通って送られ、それにより、異なるストレス状況においてどの電圧が降下し、温度が変化し、あるいは抵抗が発生するかを分析します。もしそれらが、電子部品の性能試験に不十分な場合は、EDAGエンジニアは気候試験室内で全テストを実行します。コンポーネントは室温だけでなく、世界の最も寒冷な地域や熱帯地域、一定の豪雨、圧力の変化、直射日光の当たる場所や電磁場の中でも最善の性能を発揮しなければなりません。テストをセットアップするには創造性と経験が必要であることは不思議ではありません。

"ATCフルダ"でのワークライフは、毎日雨が降り、霧が立ちのぼり、地震と落雷が繰り返されるようなものです。