• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

歩行者の事故

どのようにEDAGがそれを防ぐのに役立つか

"セントラルパークウエストのウェスト74thストリートで、1899年9月13日の夜ヘンリーH.ブリスは路面電車から降りた後、車にぶつかり意識を失いました。ニューヨークの不動産会社のブリス氏は、その怪我により翌日亡くなったのだが、それが西半球で最初に記録された自動車の死亡事故となりました。この信号機は、ブリス氏が思いがけない死を遂げてから100年後彼をしのぶ為に、そして道路や高速道路の安全を促進するために建てられました。" (ニューヨーク市)

自動車が私たちの日常生活の一部になったため、自動車事故で2000万人が死亡しています。 1930年代には、車体は堅く、衝撃吸収ゾーンがなかったため、衝撃力は他の道路利用者にダイレクトに影響を与えました。 1950年代後半、自動車メーカーは道路事故では「生き残るチャンスがない」と主張しました。こがきっかけになり、自動車の事故調査が始まりました。 そしてEDAGには、将来の車をより安全にする動機付けが与えられました。

革新性の維持と拡大は、将来への投資である

現在、EDAGには歩行者保護のための世界最大の試験場があります。自動車安全性の専門家が、自動車開発全体の最も重要な要素の1つに取り組むためにそこで働いています。 "私は自動車業界でこのような規模の試験場が他に無いことを知っています。5つの最先端の電子的に操作される歩行者保護テストシステムと、他のテスト機器を使用して、自動車と歩行者の衝突の影響を調べ、将来その影響を防ぐことができることを全てやっています。 あるいは、少なくとも影響を軽減できることをやっています。"と、EDAGミュンヘンのパッシブセーフティ&歩行者保護の責任者であるThomas Kerschbaumは言います。

ミュンヘンのチームは過去の成功を踏まえ、5つのテストシステムに加えて、顧客の希望と要求により迅速かつ柔軟に対応できるよう、第2の気候試験室を設置しました。

さらに重要な利点の1つは、機器をさまざまな顧客に使用できることです。他の分野と同様に、自動車メーカーは、技術的詳細を秘密に保つため、歩行者保護に関して厳重な機密保持を求めています。1000m²の試験のレイアウトは、顧客の機密保持の要件を満たすように理想的に設計されています。それは3つの別々のセクションで構成され、それぞれが独自の入り口と出口を備えています。第2の気候試験室の追加により、最終的なボトルネックの問題が解決されました。

「我々が行ったシミュレーションの結果から結論を導き出すことができ、それを車両メーカーが対応する車両機器の開発に使用することにより、自動車がMOTの承認要件を満たすことを確実にするために、自動車産業は可能な限り早期に、ますます厳しくなっている法令に対して準備することができます。」と、10年以上にわたり安全性の問題に取り組んでいるThomas Kerschbaumは説明します。

アクティブセーフティ?パッシブセーフティ?それとも両方?

彼は、歩行者保護はアクティブおよびパッシブセーフティシステムの組み合わせによって改善することができ、改善しなければならないと確信しています。今日でさえ、パッシブセーフティとアクティブセーフティはすでに相互に融合しています。パッシブシステムは車両の外板が降伏することを保証し、事故の際の傷害の重症度を低減します。アクティブシステムは危険を認識し、スピードを落とし、衝突の影響を緩和します。車のアクティブセーフティ装置には、優れたブレーキシステム、ABS、ESP(横滑り防止装置)などがあります。さらなる車両安全装置には、例えば、トラクションコントロールシステム(TCS)およびブレーキアシスト(BA)が含まれます。パッシブセーフティの重要な要素は、衝撃吸収ゾーン、シートベルト、エアバッグです。

CARE - 欧州共同体の道路事故データベースによると、歩行者を伴う事故は依然として、死亡原因の2番目の多さです。市街地におけるすべての致命的な事故の3分の1以上は、歩行者を伴う事故です。自動車業界の強い関与の結果、1996年から2005年の間に致命的な歩行者事故の数は37%減少しました。自動車と歩行者の事故は、通常、非常に深刻です。歩行者自身が、子供や高齢者、女性、男性のように多岐にわたるように、車両の前部も多岐にわたります。 EDAGは、現代の車両設計における改善の可能性がまだ残っていることをよく知っています。

私たちはこの社会的なタスクをよく知っています。それは最終的に人命を救うタスクです。カメラ、レーダー、赤外線ライトなどの技術援助が、運転手が歩行者をもっと早く発見するのを助ける場合でも、すべての事故を防ぐことはできません。 EDAGが登場するのはまさにここです。私たちはすでに統合安全性、すなわちアクティブセーフティとパッシブセーフティの融合について取り組んでいます。最終的には、車両を保護するだけでなく、誰もが道路を安全に使用できるようにします。