• 変革をもたらすもの

    EDAG Light Cocoon – 未来の自動車のパラダイムシフト

  • 350kmphで壁に衝突させる

    または:どのように実際にランボルギーニのCFRP材料をテストするか?

  • 太陽光発電技術

    アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

太陽光発電技術

アジャイル車両開発方法がどのように電気自動車の航続距離の不安を払拭するか

屋根の上の太陽電池は一般的な光景になっています。 吸収された太陽光は電力に変換され、家全体に電力を供給することができます。 このような再生可能エネルギーの利点は明らかです。電力供給者が課す煩わしい価格変動が無く、CO2排出量の削減を強いられることも無く、太陽は無尽蔵の資源です。それで、なぜこの熱と光のすばらしいパワーを、私たちの車のために使用しないのでしょうか?

EDAGの専門家と中国の企業グループ"Hanergy"は、この問題に取り組むために協力しました。その極東の企業グループは、1994年以来再生可能エネルギーに取り組んできました。薄膜太陽電池分野のパイオニアである北京に本拠を置くグループは、昨年、優れた設計と高度なエンジニアリングの専門知識を組み合わせるため、自動車業界のパートナーを探していました。彼らの目標は、少なくとも6平方メートルの太陽電池面積とユニークで、未来的かつ象徴的なキャラクターを持つ電動ショーカーをつくることでした。 HanergyはEDAGに彼らが探していたものを見つけました。

ソフトウェア開発から学ぶ

全体のプロジェクトマネージャーであるVolker Amelungは、"Hanergy Solar Demonstrator"ショーカーの始まりについて語ります。「まず、Hanergyにコンセプトを納得させる必要がありました。これは非常に革新的なテーマだったので、私たちは、プロジェクトマネジメントのための古典的なウォーターフォールモデルに後戻りすることはできませんでした。私たちは物事を違った角度から見なければなりませんでした。私達は、アジャイルソフトウェア開発者のツールボックスを見て、彼らのスクラム手法を使うことを決めました。スクラムの重要な側面は、プロジェクトがAからZまで順番に計画されていないことです。そのため、ショーカーの"ストーリー"から始めることにしました。その後、プロジェクトを12の"スプリント"に分けました。 次々にスプリントを進めて、製品仕様が徐々に形成され、ショーカーの開発が完了しました。 

プロジェクトは、車両のデザイン、外装スタイリング、太陽電池アセンブリングはFulda、インテリアスタイリングとドライブコンセプトはGaimersheim、エジンとシャーシキャリブレーションはBoxbergのテストセンター、そしてヘッドライトはWolfsburgで行われました。設計と最終組立は、現地EDAG事務所の積極的な支援を得て、中国で行われました。 Volker Amelungは次のように説明しています。「'Hanergy Solar Demonstrator'プロジェクトでは、豊富で多様な専門知識の恩恵を受けました。 照明技術、ボディー製造などの技術部門だけでなく、ユーザーインターフェイス設計とバーチャルリアリティに特化したEDAGグループブランドFeynsinnの支援を受けて、ショーカーの初期アイデアから完成まで1年で完成させることができました。」

運転中の燃料供給 - 太陽光発電のみ

Hanergy Solar Demonstratorの主な魅力は、車の走行中にコレクターが太陽光を吸収してバッテリーを充電できることです。これは運転中の走行距離を増やすので、実質的に統合レンジエクステンダーです。最大7平方メートルのガリウムヒ素太陽電池を搭載したこの車は、25℃の外気温、1000 W / m2の標準試験場件下で最高1.5 kWまで出力できる程高性能です。これは、電源を切ったときにバッテリーが完全に充電されている場合は、最大50kmの追加距離を得られます。 EDAGによって開発された高効率コンバータのおかげで、入射太陽エネルギーは事実上、バッテリーの高電圧レベルまで上昇します。これは、自動車が静止しているか動いているかにかかわらず、バッテリーを常に充電できることを意味しています。 

このプロジェクトがAmelungにとって特別なプロジェクトであった理由はいくつかあります。「まず、素晴らしいチームができました!ショーカーが開発され、製作されているときにいつもプレッシャーとストレスがありましたが、非常に面白かった。もちろん、仕事の終わりに完成した自動車を見るのが待ち遠しかた。それがモチベーションの源泉でした。」

Hanergy Solar Demonstratorは、今後数ヵ月以内に中国でのツアーを予定しています。ここでは、さまざまなテストサイトを席巻するでしょう。 EDAG Hanergy Solar Demonstratorは、自動車の再生可能エネルギー利用の証として、未だ未開拓のままである電気自動車の可能性を実証しています。

このプロジェクトは、偉大なプロジェクトであり、革新的な思考の実現化プロジェクトでした。 "Hanergy Solar Demonstrator"を通じて、EDAGは、アジャイルプロジェクトマネージメント方法がソフトウェア開発だけでなく、車両エンジニアリングにも使用できることを証明しました。